自宅を害虫から守ろう|種類によって異なるハチの危険性とその退治方法

種類によって異なるハチの危険性とその退治方法

作業員

自宅を害虫から守ろう

しろあり

家を狙う害虫ってどんな虫

大事な自宅である木造住宅を狙うのはシロアリです。シロアリは蟻と呼ばれていますが、実はゴキブリの仲間なのです。古木や枯れ木などを食べるゴキブリの一種が社会性を発達させて進化したのがシロアリです。柱や基礎などの材木に潜り込み、内部を食い荒らしてしまいます。そのまま気づかれないでいると重要な部分を食い荒らされて住宅をダメにしてしまいます。また、シロアリは湿度の高い環境を好むので水回りの床下を特に好んで生息しています。日本の木造住宅はまさにシロアリの天国と言えます。このようなシロアリから家を守るためには、まず習性をよく理解して適切に対処する必要があります。なお、木材を食べるシロアリには木材の成分であるセルロースを分解する機能が備わっているため、バイオ燃料の分野ではシロアリの研究に期待が高まっているようです。

退治するにはどうする

シロアリは、木材の内部に潜んで中から食い荒らしていくため、外から見つけるのが困難です。そこで、柱や軒下で羽蟻を見かけたり、床や柱がふわふわいた感じになっていたり、湿ったような場所がギシギシと歪んでいたりといた兆候を見かけたら、詳しく調べてみましょう。その際内部の食われている木材は叩いてみると音や感触が違っていたりするので異常を見つけやすくなります。そしてシロアリを見つけたら薬剤などを使って駆除します。素人にも扱える薬剤や道具もありますので、使用法や注意事項を十分に理解したうえで、細心の注意をはらって作業してください。難しいと感じたり自信がない人は専門の業者に依頼しましょう。中途半端な駆除では巣にいる女王蟻が残ってしまい、またすぐに増えてしまいますのでご注意ください。